住宅の外壁について

写真

住宅の外壁材は、居住性にはほとんど影響しないが、面積が大きく費用への影響は大きい部分なので、予算と建材の特徴をよく考えて選ぶことはとても重要だ。まず、もっとも安価なのが「モルタル塗り」とよばれるものだ。下地を造り、リシンなどを吹きつけて仕上げるのだが、費用を安く抑えたい場合に適した外壁材である。弱点としては、吹き上げてつくる湿式工法のため外壁にひび割れが起きやすく、地震などでははがれ落ちてしまう場合も多いのだ。

様々な外壁素材とメリット・デメリット

写真

そんな弱点を補うものとして次に登場したのが、「サイディング」などの乾式工法による外壁。耐震性のある外壁材で、先の阪神淡路大震災でも外壁がサイディングだったおかげで、倒壊を免れた例も多くみられたほどである。メリット・デメリットでいえば石綿系、木質系、金属系と種類、デザインも豊富で、好みの外見にしやすいという点があるが、価格がモルタルにくらべてやはり高くなる部分がある。このほか、軽量で耐久性があり、施工もしやすいという利点で鉄筋造りの外壁に使われる「ALC(気泡コンクリート)」や、重厚感があり、耐久性も抜群だが高価な「タイル貼り」など様々な外壁素材があるのだ。

3年前、

祐天寺の賃貸に引っ越してきたときは夢と希望があった。それまで結婚を意識した人と銀座で同棲していたけど、彼女は犬を残して出て行った直後にデキ婚した女子に裏切られるのは何度もあるから、またかという気持ちだけそれより、今度こそいい恋人と巡り合いたいと期待したんだけどさあれから3年間かなりの女子と出会いました。50人以上?100人?パーティ三昧だったからわかんないやでも、彼女はできません